ENTRY
WORKING STYLES OF WOMAN 女性の働き方
グローバルメーカーには、世界に恥ずかしくない労働環境を整える義務がある。
そう考える富士機械製造だからこそ、性別に関係なく活躍できる環境があります。

女性技術系社員 座談会

技術者として成長できる環境が魅力。
公私ともに充実した毎日を過ごしています。

  • 川添亜里沙 ロボットソリューション事業本部 制御技術部 第2制御課
  • 伊藤みきね ロボットソリューション事業本部 制御技術部 第3制御課
  • 加藤亜矢子 ロボットソリューション事業本部 機械技術部 技術管理課
  • 大野実可子 ロボットソリューション事業本部 機械技術部 第2試作技術課
  • <進行>人事課 長谷川由美子
学生時代の専門分野と、現在の仕事内容。

川添:私は情報メディア工学科の出身で、企業と共同研究しながら主にプログラミングや電気電子の勉強をしていました。FUJIには最初、派遣社員として入社し、その後社員になりました。派遣社員の時はCADで図面を書いたり書類を作成したり、装置全体の出図に関わる仕事をしていました。社員になってからはオプションユニットの開発を担当しています。今は主に不具合の解析に携わっていて、オシロスコープで波形を見たり、ノイズがどれくらい出ているかを確認したりして対策を考えています。

伊藤:私の出身学科は電子工学科です。電子工学に特化したことだけを学んだわけではありませんが、カリキュラムにマイコンのアセンブラがあったことは覚えています。ただ、当時学んだことが現在の仕事に直接役立っているかというと、必ずしもそうではありません。だから、学生時代にどんな分野を学んできた人でも、FUJIで活躍できると思います。

長谷川:伊藤さんは今は課長ですが、課長になって仕事の内容は変わりましたか?

伊藤:まだ「代理」(笑)です。課長代理になって何か変わったかというと、特に変わっていない気がします。私は今、制御の中でもハードに近い仕事をしていますが、もともとFUJIに入った時はソフト・アプリの開発をやっていたんです。そこから今の部署に異動したんですが、私にとっては専門外の分野だったこともあり、社員や派遣社員の取りまとめのような業務に携わっていました。だから、課長代理になっても基本的な仕事の内容は変わっていません。メールの転送とか、管理業務が増えた感じかな。

加藤:私は理系出身ではなく、「生活環境」という分野の出身で、調理実習や裁縫・住環境について勉強していました。事務職として入社し、まず機械の操作マニュアルや代理店向けのWebサイトを作る部署に5年いました。その後、古い機種のメンテナンスを担当する設計部門に7年。その間に2回出産して、今の部署に異動して6年くらい経ちます。今は、主に社内でCADの先生をやっています。CADは会社に入ってから覚えました。その他に、設計者のPCのセットアップをするなど、設計者が働きやすい環境づくりに取り組んでいます。

長谷川:ありがとうございます。大学時代の専門分野と直接関係のない業務をされている方も多いですが、それでも意識していないところできっと役に立っていますよね。では、学生のときに思い描いていた社会人像と比べ、現実はどうだったでしょうか?

大野:入社前の社会人のイメージは「みんなピリピリしていて怒られたりすることもある」というマイナスのものでしたが、FUJIは比較的自由に仕事ができると思います。確かに仕事が忙しい時もありますが、それでも、自分ひとりではなく、チームで情報を共有したり、他部門の関係者と相談したりしながら必要事項を決めていくので、自分一人で問題を抱える必要がありません。そこが、学生時代の想像と一番違うところです。

川添:私は以前、電化製品メーカーの協力会社で設計を担当していたのですが、納期が厳しく、残業がかなり多かったんです。その会社の環境があまりにつらかったので、派遣先の変更をお願いしてFUJIに来ました。FUJIに来てすぐに感じたのは、「同じ設計の仕事でも会社によってこんなに違うんだ」ということです。勤怠システムによってきちんと残業時間が管理されていて、また1か月の労働時間が一定時間を超える事がないように仕事の管理もされています。FUJIで働き始めて生活リズムが整いました。

伊藤:私も前の会社は小さな会社で、残業管理が不十分でした。その会社では、お客様と直接やりとりをする機会が多かったこともあり、納期が近くなるとどうしても無理をすることが増えてしまいます。そんな中、入社3年目くらいの時に体調不良を押して仕事をしていて、悪化させてしまったことがありました。自分の健康を自分で管理するようになったのは、その出来事がきっかけです。その点、FUJIはすごく社員を大事にしている会社だと感じました。残業もしっかり管理されていると感じます。

大切な仕事を任される、責任とやりがい。

加藤:私は技術職ではありませんが、CADを指導するというチャンスを与えてもらっています。それはとてもありがたいことです。自分の教え子たちが設計者として成長していく様子を、お母さんのような気持ちで見守っています。あとは、設計担当者が困っている時にCADの機能を教えたり、新しいPCのセットアップをしたりすることがあります。その結果「助かったよ」と言ってもらえると、うれしく思います。

長谷川:そういう形で感謝されるとうれしいですよね。

大野:私はメンテナンス機の開発を担当していますが、自分が決めた設定値がメンテナンス結果の合否の判定基準になっています。それはつまり、お客さんの生産業務に直結することなので、すごく重要なことだと感じています。配属されてからまだ半年で、すべてを自分で決められるわけではありませんが、大事なことを任せてもらえているやりがいは常に感じています。

川添:私はLCRというオプションユニットの制御の開発担当者として、かなりの部分を任せられています。今までFUJIの機械を使ったことがないお客様の中にも「そういう機能があるんだったら、FUJIの装置を買おうかな」と言ってくださる方がいて、販売状況も良好だそうです。開発している過程では大変なこともありますが、実際に製品が世に出てお客様から評価もしていただけた時は、やりがいを感じます。

長谷川:そうですよね、仕事の成果が形に表れるっていいですよね。

川添:そうですね。

伊藤:自分たちが開発したソフトに不具合が起きると、営業やコールセンターから報告を受けて関係部署に連絡をし、その後、対策方法について営業やコールセンターの方を通して情報を発信してもらいます。不具合が流出してしまうとお客様の生産が止まってしまいご迷惑をかけてしまうこともあります。ですので、やりがいというより、責任の重さを感じることの方が多いです。

子育てしながら働きやすい会社。

長谷川:プライベートの過ごし方について、差し支えのない範囲で教えてください。

大野:私は、同じ部署の先輩に誘われてソフトボールをしたり、他の部署の人と一緒にツーリングに行ったりしています。社内外のネットワークがかなり広がっています。

伊藤:一日の仕事が計画通りに終わって定時で帰ることができた時は、習い事に行ったりしていました。今はなるべく疲れがたまらないように、家で好きな洋楽を聴きながら、なるべくゆっくり過ごすようにしています。

川添:私は、結婚式をあげるまでの忙しさが印象に残っています。仕事をしながら結婚式の準備をするのは、大変なことでしたね。平日にやろうと思っていたことができず、土日もばたばたしていました。最近はマイホームを建てる事になったので、その打ち合わせもしています。少し時間ができてきたので、ダンナさんと山登りに行ったり、あと、釣りをちょっとだけ始めたりしています。

加藤:私は二人も子どもがいるから、平日は夜9時までに寝かせるのが日課です(笑)。

長谷川:えっ?9時に寝かせているんですか?すご~い!

加藤:上の子はもう5年生で生活のリズムができているから、特に何も言わなくても大丈夫です。下の子は2年生の男の子で、お迎えに行って家に帰るまでのクルマの中で、「家に帰ったらこれをやるんだよ」と延々と話して聞かせます(笑)。いざ家に着いたら、「さぁ、やるよ!」って。土曜日は習い事のはしごで子供の送迎が忙しいし、日曜日の午後は、最近子どもがサッカーを始めたのでそれに付き合っています。まだまだ子どもに手がかかるのであまり自分の時間は作れないですが、9時に寝かしつけた後の自分の時間を楽しみに、毎日がんばっています(笑)

長谷川:お子さんの話が出ましたが、将来のことはどう考えていますか?

川添:そうですね。やっぱり希望としては仕事を続けていきたいなとは思います。不安があるとすれば、私は地方出身なので、親が近くにいない状態で子育てができるのか心配です。でも周りにも、きっと私と同じような人はたくさんいると思うので、その人たちがどういうふうに子育てをしているのかを聞いてみたいと思います。

加藤:私の時は、あまり実家には預けていませんでした。保育園が、生後1ヶ月からでも預かってくれるので。私は上の子が10ヶ月のときに仕事に復帰しました。朝、会社に行く前に保育園に送り、会社が終わったら保育園に迎えに行くというサイクルです。祝日で会社が稼働日の時はダンナさんと交代でお休みを取ったりしています。FUJIの雰囲気として、「祝日だからママたちはお休みだよね」と気遣ってくれる人が多いので、特に休みにくいということはありません。 子どもが病気の時は、看護休暇を使ったりしています。また何か突発的なことが起こった時、その当日に時短勤務で早く帰れるのですが、そういうのは他の会社ではあまり聞いたことがないですよ。また、時短で早く帰ることに対して、「えっ、帰るの?」と不満を言われたことは一度もありません。「お子さん大変だね。明日来られるかわからないね。何か残っている仕事はある?」って聞いてくれるくらい、優しい人ばかりです。だからそんなに心配しなくても、その時になってみれば、きっとなんとかなりますよ。

これからも、仕事を通して成長していきたい。

長谷川:皆さんの将来の目標を簡単に教えてください。

川添:出世願望はそれほどなくて、今の延長でどんどんエンジニアとして成長していきたいなと思っています。今は1つのユニットの開発を担当させてもらっていますが、どんどん新しい開発にチャレンジしながら、コツコツ実績を積み重ねていきたいですね。

伊藤:私も川添さんと一緒で、ひとりでコツコツ、ソフトの仕事を追求していきたいと思っていました。今は課長代理という立場になり、開発の仕事だけに力を注ぐ訳にはいきませんが、ソフトの仕事の経験を積んでいきたいという希望はまだ持っています(笑)。

加藤:今まで仕事に対してあまり明確な目標を持ったことはありませんでした。ただ、プライベートなことですが、今は家族でハワイ旅行に行くことが目標です(笑)。そのために仕事をがんばって、きちんと積み立てをしたいと思います。

大野:ゆくゆくは設計者になりたいと思っています。図面に私の名前があったらそれでパスできるくらい信頼のある設計者になるのが目標です。それぐらい信頼される設計者になることを、学生の頃からめざしていました。なかなか難しいと思いますが、努力を続けていきたいと思います。

長谷川:今日はお忙しいところ、仕事のことからプライベートなことまでお話しいただき、ありがとうございました。

Pagetop

ページトップへ