ENTRY
EMPLOYEE REFERRAL 社員紹介
産みの苦しみの先に待つ「世界に広く影響するモノづくり」のやりがいとは。
さまざまな領域で活躍する社員たちに話を聞きました。

ロボットソリューション事業 営業

東南アジア7か国で
マウンタを販売し、お客様からの
信頼獲得に努めています。

仲西 新NAKANISHI ARATA

2017年入社 外国語学部英米語学科卒

FUJIを志望した理由
海外での活躍をめざしFUJIに入社。

私は「海外で活躍できること」「世界中の製造業を支える仕事ができること」という2つの軸を持って就職活動をしていました。その中で、海外売上比率85%以上を誇り、海外出張のチャンスが多いFUJIを志望しました。製品の幅が広く、関わることのできる業界が広いことも、魅力を感じたポイントです。

現在取り組んでいる仕事の内容
海外の国々にマウンタを販売しています。

ロボットソリューション事業の営業部に所属し、東南アジア7か国でマウンタ(電子部品実装ロボット)を販売しています。各国にいる代理店のセールスメンバーとともに、納期や価格、装置仕様など競合に負けない提案内容を考え、受注をめざしています。海外出張先での展示会への参加や、各代理店へのセールストレーニングなども、やりがいのある業務です。

やりがいを感じる点
さまざまな製品の量産に貢献することが喜びです。

マウンタの販売を通して、顧客ビジネスの根幹を支えられることが、私の仕事のやりがいです。日々各国のお客様から製品の引き合いをいただきますが、生産基板は多種多様で、ニッチなB to B製品や車載製品、最新の通信機器まで幅広くあります。そんな各製品の量産に不可欠なのがFUJIのマウンタです。自分が販売したマウンタを使って量産された製品が店頭に並んだ時は、格別の喜びを感じます。

忘れられないエピソード
FUJIへの信頼を感じたお客様の言葉。

あるお客様の海外工場にマウンタを販売した後、海外出張して表敬訪問を行った時のことです。当初はそのお客様から見向きもされず、提案内容の策定に苦慮しました。代理店の担当者と打ち合わせを重ねて提案を続けた結果、何とか競合に打ち勝って受注することができました。お客様の調達担当者と一緒に、フロアに並ぶ自社の製品を眺めていた時に言われたのが、「FUJIのマウンタなしにはビジネスが成り立たない」という言葉です。心が震えたのを覚えています。

なぜFUJIは『世界初』『世界一』の製品を生み出せる?
KAIZENを意識し、実直に取り組む風土が強み。

全社員が常にKAIZEN(改善)を意識して仕事をしていること。それがFUJIの強みだと思います。目の前にある問題に向き合い、着地点を決め、早く手を打つなど、仕事に対して実直に取り組む風土があります。世界中のお客様からいただく改善要望が営業から設計へスピーディーに展開されることも、当社の特徴です。さらなる製品改善のために各部門が一体となって業務にあたっています。

今後の目標・夢
「真っ先に頼られる営業担当」になりたい。

お客様から信頼される営業担当になることが、私の目標です。国内・海外を問わず、問題が生じた時は真っ先に頼っていただけるような問題解決力を身につけたいと思っています。また、将来的に一国の営業責任者を経験することも目標です。出向先でお客様の要望を吸い上げて社内にフィードバックする形で、製品開発にも携わりたいと思っています。

就活中の皆さんへのメッセージ
人生の充実につながる仕事をしてください。

人の一生の中で、「働いてお金を稼ぐ時間」は大きなウエイトを占めます。自分が働きたい会社でやりたい仕事をすることができれば、人生の充実感は大きなものになるはずです。慣れない就職活動で大変だと思います。まずは、「これだけは譲れない」という就職活動の軸を持ち、人のためではなく自分のために取り組んでいただければと思います。皆さんのがんばりを応援しています!

Pagetop

ページトップへ